ホーム > 肩

こんな方へ
 
  • デスクワークが多い方。
  • 肩こりがひどくなると頭も痛くなる。
  • 目が覚めたら時から肩が凝っている
肩こりとは
 
肩こり 肩こりは、肩の血行が悪くなり、血液中の酸素や栄養が筋肉のすみずみに行き渡らなくなって筋疲労を起こした状態のことです。
血行が悪くなる原因は偏った姿勢を続けている原因が考えられます。
同じ姿勢を続けることで、同じ筋肉ばかり負担がいきます。そうすると筋肉の奥に走っている血管にも負担がかかり血液の流れが悪くなります。
そういう状態になってしまうと疲労が回復しなくなります。

もともと人間には疲労回復能力というものがあるので、自分で治ろうとする力があります。よって、疲労というのは大体2~3日もすれば取れるものです。
しかし、2~3日たっても取れない痛み・だるさなどは、筋肉の問題でなく、骨盤・背骨の歪みが原因で起こっていると考えられます。なかなか取れない疲労・痛み・だるさをお持ちのかたは、一度、骨盤の歪みを整えてみてはいかがでしょうか?

保険が適用される範囲は私たち柔道整復師が「骨折」「脱臼」「捻挫」「挫傷」「打撲」と判断したものに限られます。しかし、単なる疲れや肩こり・腰痛だと思っていてもこれらの症状に当てはまるケースがよくありますので、まずは一度ご相談下さい。


 
こんな方へ
 
  • 肩が痛くて腕が上がらない方
  • 手が後ろに回らない方
四十肩・五十肩とは
 
四十肩・五十肩 僧帽筋に痛み物質が溜まり、炎症が起きて肩が痛む肩こりに対し、五十肩の場合は肩の関節に問題があります。
自然に治るとの説もありますが、放っておくと症状を長引かせたり、悪化させることにもなりますので、早めの適切な治療が大切です。

五十肩は肩関節の疼痛と運動制限をきたす疾患で、中高年に多く起こりますが、原因は明らかにされていません。
現時点では、軟部継織の年齢的退行性変化や、外傷・過労・アレルギー性炎症が加わって起こると見られています。人間の肩関節はとても広い範囲を動かせる分、構造も複雑です。肩甲骨と上腕骨が接続していて、周囲には多くの筋肉や腱、関節をスムーズに動かすための滑液包などがあります。
そのため、非常に炎症が起こりやすい部分といえます。
 
僧帽筋に痛み物質が溜まり、炎症が起きて肩が痛む肩こりに対し、五十肩の場合は肩の関節に問題があります。
自然に治るとの説もありますが、放っておくと症状を長引かせたり、悪化させることにもなりますので、早めの適切な治療が大切です。

五十肩は肩関節の疼痛と運動制限をきたす疾患で、中高年に多く起こりますが、原因は明らかにされていません。
現時点では、軟部継織の年齢的退行性変化や、外傷・過労・アレルギー性炎症が加わって起こると見られています。人間の肩関節はとても広い範囲を動かせる分、構造も複雑です。肩甲骨と上腕骨が接続していて、周囲には多くの筋肉や腱、関節をスムーズに動かすための滑液包などがあります。
そのため、非常に炎症が起こりやすい部分といえます。
 
アクセス


大きな地図で見る
■住所
江戸川区西葛西3-13-2 1F
■最寄駅
西葛西駅徒歩3分
■駐車場
有 3台 パーキングサービス券(施術時間分発行)
■受付時間
[月曜・水曜・金曜]
9:00~12:00/15:00~20:00
[火曜・木曜]
9:00~12:00/15:00~19:00
[土曜]
09:00~14:00

お問い合わせ 詳しくはこちら